<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

松葉寿司 ヒミング食巡りVol.2

氷見市の街中にある松葉寿司。

この寿司屋さんには、カウンターがありません。
長年の信頼があればこそできる松葉ならではの店のつくりです。

もちろん、ネタケースをのぞきながら、注文することもできますが
『にぎり!おまかせで!』と一声かければ、朝とれの氷見浜の魚のにぎりが
シャリが冷めない程度に、できた順にとんとんとん・・と目の前に並びます。
1人前10貫です。

でもって、この「チャン鉢」に入った味噌汁が絶品でございまして・・

「ちゃん鉢」というのは、平鉢状になった味噌汁の器のこと。ぶつ切りの魚や小魚の身がほぐし易いようにこんな形なのです。

おまかせにぎりももちろんいいんですが、忘れちゃいけないのが・・・
「松葉の上ちらし」1人前1400円。
かつて雑誌クロワッサンにも掲載された逸品が、これ!!

熱々の氷見浜の魚のみそ汁もついていて、一口すすれば・・・あーシアワセ!
昼・夜共通の品揃えです。

場所はこちら。(下の地図をクリックすると、Google mapにリンクします)
松葉
毎週日曜は定休日。
このメニューは定番でいつでもOKです。
松葉の上ちらし寿司(魚のみそ汁付) 1人前 1400円
松葉のおまかせにぎり(魚のみそ汁付)  1人前 2000円
ランチタイム  11:30-14:00
ディナータイム 17:00-21:00
ご来店前に、お電話で0766-72-0266へご予約を!

女将@氷見巡り * 氷見の『食巡り』 * 09:46 * comments(0) * trackbacks(0)

氷見牛焼肉たなか  ヒミング食巡りVol.7

氷見市朝日丘の交差点にある氷見牛焼肉たなか。

焼肉やさんでありながら・・・実は精肉店。

実は、肉牛農家でもあります。

BSE問題が日本中を駆け巡ったころ、氷見牛の名誉の為に捨て身で肉屋さんを開店した田中お父さんであります。
だって・・自分の育てた牛だもん、生育過程からして絶対安全と自信があるにもかかわらず「世間の風はまるで牛肉が全部ダメみたいに言われたのがくやしくてねぇ・・」とお父さん。
このお店のおかげで、安全な牛肉が食べられるようになりました。
安全なだけじゃなくて、めちゃウマイ!!ので、お店は繁盛!!
氷見牛は、いまやすっかりブランドであります。

さて、こちらが焼肉やさんの店内。入ってすぐはイス席です。

奥が座布団席。でも、脚がおろせるので楽チン。

で、こちらがランチメニュー。

こちらが150g1200円のものでございます。炭火で焼きます。うふうふ。

ご飯と味噌汁と漬物とサラダがついております。
とてもお得なセットですが、この肉もきっちりA4〜A5等級の氷見牛です。

んでもって、コチラがいろいろ入ったセットメニュー。

で、こちら1人前3500円の特選セット。

ご飯・味噌汁・漬物つきでございます。
さすが、特選!! サシの入り方が違います。

おっと、田中で忘れちゃいけないのが、コチラコチラ。
氷見牛のメンチカツ。1個140円です。テイクアウトできます。

このメンチカツは、氷見牛や国産和牛の切り落としを使って作るので、もう肉の味がじゅーーー。

140円で人をシアワセにしてしまうのが、たなかのメンチでございます。おそるべし・・

場所はこちら。(下の地図をクリックすると、Google mapにリンクします)
田中

毎週水曜は定休日。
このメニューは定番でいつでもOKです。
ランチタイム  11:30-14:00
ディナータイム 17:00-21:30
予約は不要、当日でもOKですが、いつも混んでます。電話するのがベター。
ご来店前に、お電話で0766-73-1995へご予約を!
氷見牛焼肉たなかのウェブサイト→→コチラ

女将@氷見巡り * 氷見の『食巡り』 * 18:44 * comments(0) * trackbacks(0)

イタリア料理 ボーノペッシェ ヒミング食巡りVol.12

氷見市の町中、湊川に掛かる「中の橋」にハットリ君のからくり時計があります。

毎日、定時になると、水煙とともに忍者ハットリ君のショーが始まるわけであります。

なんで、ハットリ君かというと・・藤子不二夫Aさんが氷見のご出身〜!!
そんなわけで、ハットリ君な氷見なのであります。

さて、そのハットリ君のすぐそばに、おいしいイタリアンのお店。

ボーノ・ペッシェさんであります。

ここのママシェフ高木さんは、氷見の魚と野菜の扱いがとても上手。
ヒミング風の素敵なメニューがいいなぁ・・とアクアパッツァの献立を作ってくれました。

サザエとフルーツトマトの肝ソース和え

能登地鶏の薫製とリーフサラダ

焼き茄子と生ハムのパスタドライトマト風味

甘鯛のアクアパッツァ(お魚はその日によって変わります)

アクアパッツァは、骨までしゃぶってね・・ソコがおいしいんだから・・と、ママシェフ高木さん。うーん、しゃぶります、しゃぶります!!

コースですので、パン、アイスクリーム、コーヒー付もついてます。
1人前3000円でございます。

このほか、お肉のランチやお魚のランチなどお手軽なイタリアンもお楽しみいただけます。

場所はこちら。(下の地図をクリックすると、Google mapにリンクします)
ぼーのぺ

毎週月曜は定休日。
ヒミング・2007の開催期間に限らず、このメニューはご予約いただければOKです。
1人前 3000円(2名様以上でお申込くださいませ。)
ランチタイム  11:30-14:00
ディナータイム 17:00-21:00(夜は要予約)
ご来店前に、お電話で0766-74-7001へご予約を!


女将@氷見巡り * 氷見の『食巡り』 * 01:57 * comments(0) * trackbacks(0)

味処しげはま ヒミング食巡りVol.19

氷見市丸の内にある味処しげはま。

そのしげはまの3代目でございます。

お店の中に、ずらーり書かれた1品料理のお品書き。

氷見らしい料理が食べたいな・・となれば、なんでもあります!!のしげはまです。

さて、そのしげはまさんのオススメヒミングメニューは「しげはま定食」

お刺身と・・・
魚の塩焼と・・

どん!!と浜汁。渡り蟹や小魚がドッサリ入っています。

これに、煮物・小鉢物・ご飯・漬物がついて、2625円。

場所はこちら。(下の地図をクリックすると、Google mapにリンクします)


ヒミング・2007の開催期間に限らず、このメニューは定番で、昼・夜いつでもOKです。
しげはま定食 1人前2625円
ランチタイム  12:00-14:00
ディナータイム 17:00-22:00
木曜日は定休日です。

お出かけ前に、お電話で0766-72-0114へご予約を!
味処しげはまのウェブサイトはこちら

女将@氷見巡り * 氷見の『食巡り』 * 11:52 * comments(0) * trackbacks(0)

ばんや料理 ひみ浜 ヒミング食巡りVol.15

氷見漁港のまん前にある、ひみ浜さん。

「ばんや料理」の「番屋」というのは、漁師さんたちの出漁前後の待機用の小屋のこと。この番屋で、とれたての魚を刺身にしたり、小魚を味噌汁にしたりするのであります。

で、こちらひみ浜さんの道路に出している看板も・・・・

浜の男〜!! 番屋料理〜!! という感じでしょ。

店毎も、浜の男〜!! 番屋料理〜!! という感じでしょ。

そんなひみ浜さんのオススメのランチは、刺身焼き魚定食。

この写真は、ひみ浜のお父さん撮影。だだだ!と豪快に作って、ばばっ!と撮影。
番屋料理テイストの写真です。(しかし・・この焼き魚でっかいなぁ・・・)

「ヒミングランチの刺身焼き魚定食で」と一言おっしゃってくだされば、3100円のところ、3000円でご提供とのことです。

夜は、要予約。4名様以上でご来店くださいませ。夜のコース料理は、さらにグレードアップして、氷見の海の幸と氷見牛のコースとなり、6300円。
「ヒミングディナーで」とご予約時に言って下さいませ。6300円→6000円となります。

場所はこちら。(下の地図をクリックすると、Google mapにリンクします)

ひみはま

定休日は不定休。
ひみ浜ヒミングランチ「刺身焼き魚定食」1人前3000円
ひみ浜ヒミングディナー1人前6000円(夜は予約制です)
ランチタイム  11:00-14:00
ディナータイム 前日までにご予約を。お食事のご希望時間をお知らせ下さい。
ご予約はお電話で0766-72-7444へ!
ばんや料理ひみ浜のウェブサイト→→コチラ

女将@氷見巡り * 氷見の『食巡り』 * 10:01 * comments(0) * trackbacks(0)

ジャズと和食のきときと舎 ヒミング食巡りVol.14

氷見市丸の内にある居酒屋きときと舎。

店内は、レトロな雰囲気でございます。

趣味で集めた古時計。

ご主人の趣味のジャズが店内にぽわんと響きます。

ワインもいろいろございまして・・

お酒のアテになるような刺身や・・・

お酒の〆になるような雑炊や・・・

さまざまな1品料理もジャズとともにお楽しみいただけます。

で、お昼に参りますと、日替わりのお任せランチ。

朝取れお刺身・小鉢物など、ちょこまかいろいろ入って、健康的な感じ。

日替わりのお任せランチはコーヒー付。
1人前950円でございます。(月曜から土曜日まで)

場所はこちら。(下の地図をクリックすると、Google mapにリンクします)


毎週木曜は定休日。
ヒミング・2007の開催期間に限らず、このメニューはOKです。
ランチタイム  11:00-14:30
ディナータイム 17:00-24:00
ご来店前に、お電話で0766-72-0546へご予約を!

女将@氷見巡り * 氷見の『食巡り』 * 14:02 * comments(0) * trackbacks(0)

路地裏の洋食屋 レストラン トロイカ ヒミング食巡りVol.13

氷見市窪の国道160号線から、ちょっと路地をはいったところにあるレストラン・・・

その名も「路地裏の洋食屋 レストラン トロイカ」です。

先代から創業50年、氷見のステーキ文化を作ってきた老舗です。

気軽にお越しいただけきたいと「路地裏の洋食屋」と名乗っています。

二代目のオーナー谷内さん。

氷見牛のステーキメニューもいろいろございます。

気軽な氷見牛の1品が・・・・

氷見牛ステーキDON(丼)、こちらは90g1300円です。

ワサビ醤油をちょろりっとかけていただきます。

場所はこちら。(下の地図をクリックすると、Google mapにリンクします)


定休日は火曜日(祝日は営業)
氷見牛ステーキDON 1人前90g 1300円
氷見牛ステーキDON 1人前130g 2000円  
氷見牛のステーキコースは 1人前5000円〜

ランチタイム  11:30-14:30 オーダーストップ 14:00
ディナータイム 17:00-22:00 ラストオーダー 21:00
ご来店前に、お電話で0766-91-1378へご予約を!
トロイカのウェブサイト→→コチラ

女将@氷見巡り * 氷見の『食巡り』 * 19:14 * comments(0) * trackbacks(0)

割烹かみしま ヒミング食巡りVol.11

氷見市本町にある割烹かみしま。この看板は、三尾杉という氷見産の杉材。

看板に象徴されるように、この店は、氷見の地場産杉を贅沢に使った作り。
カウンターも、三尾杉の一枚板。

カウンター席と、4名ほどの小座敷風のイス席、そして座敷。
しっとりとした店の風情。

さて、この店の料理を作るオーナーの神島さん。

今回、ヒミングの為に考案してくれた夜のコース料理は、こちら。

凛とした品のあるコース料理。

刺身。

焼物。

焚き合せ。

氷見牛。

氷見うどん。

氷見の岩牡蠣。

デザートの蕨餅。

この器は、氷見の杉材と高岡銅器の技術のコラボレーション食器。

酒1ショットにも品がある。


場所はこちら。(下の地図をクリックすると、Google mapにリンクします)


ヒミング・2007の開催期間に限らず、このメニューはご予約いただければご提供できます。(水揚げの状況により、内容は変更になる場合もございます。)
かみしまヒミングディナー 1人前 5000円(要予約)
営業時間  17:30-22:00(月曜定休日)
前日までにご予約下さい。電話 0766-72-3399
割烹かみしまのウェブサイト→→コチラ

女将@氷見巡り * 氷見の『食巡り』 * 11:09 * comments(0) * trackbacks(0)

あけぼの庵総本家 ヒミング食巡りVol.10

氷見市窪の国道160号線ぞいにある、氷見うどんのお店、あけぼの庵総本家。

店内は、お食事処と・・・

お土産処があります。

自分で氷見うどんを製造して、ゆがきたてのおいしい氷見うどんを提供しているお父さんと息子さん。

注文を聞いてから、湯がきたてを出す!!にこだわるあけぼの庵の麺は、つるつるとしたのど越しの良い、そしてコシの強いうどんです。

人気の一品は、氷見牛の冷しゃぶうどん。

肉は、もちろん氷見牛でございます。

茹で時間、待ち時間を少しでも短くするため、そしてなによりおいしい氷見うどんをお出しする為に、あけぼの庵では、作りたての生うどんをゆでてくれます。
お土産用には、生めんを乾燥させた、日持ちの良い乾麺がお勧めです。

場所はこちら。(下の地図をクリックすると、Google mapにリンクします)


ヒミング・2007の開催期間に限らず、このメニューは定番でいつでもOKです。
氷見牛の冷しゃぶうどん 1人前 1000円
昼の食事処営業  11:30-15:00(毎週木曜は定休日)
夜の食事処営業  17:30-20:30(土・日のみ営業)
おみやげ処は、9:00-20:00(毎週木曜は定休日)
電話 0766-91-3511
あけぼの庵総本家のウェブサイト→→コチラ

女将@氷見巡り * 氷見の『食巡り』 * 15:30 * comments(0) * trackbacks(0)

イタリアンキッチン・オリーブ ヒミング食巡りVol.6

氷見市十二町、といっても朝日丘交差点からすぐの所にあるイタリアンキッチン・オリーブ。

ガルバリウム貼の建物の、ガラス戸を開けると・・・

木たっぷりの店内、手作り感たっぷりです。

窓の外は、十二町の田園風景。

で、オーナーの梶さん。ちょいと無口なオトコであります。

ま、その分、奥さんがめちゃめちゃ愛想良し!であります。

さささ、オリーブのヒミング・パスタランチ 950円をご覧あれ。

氷見牛のペペロンチーノ。

これに、サラダとパンとデザート(またはコーヒー)がつきます。
このデザートは、アイスの下にたっぷりの果物。リキュールのいい香りです。

で、ディナーのほうは、こちら!
オリーブ・ヒミングコース 2000円でございます。

氷見牛のトマト煮込み。ほろり、崩れます。

カレイのセモリナ粉揚げ。骨までサクサク。

パンとサラダと、生ビール付!!

場所はこちら。(下の地図をクリックすると、Google mapにリンクします)
オリーブ

定休日は木曜日。
ヒミング・2007の開催期間に限らず、昼のパスタランチ、夜のオリーブコースは、いつでもOKですが、メニューは週代わりとなります。ヒミング期間中は写真の料理となります。
ヒミング・パスタランチ  1人前 950円
ヒミング・オリーブコース 1人前 2000円

ランチタイム  11:30-14:00
ディナータイム 14:00-22:00(ラストオーダー21:30)
予約無しでもOKですが、ご来店前に0766-74−5345へご電話!がおすすめ!



女将@氷見巡り * 氷見の『食巡り』 * 20:56 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ